比謝川行政事務組合

嘉手納長、北谷町、読谷村章

小型家電のリサイクルについて

小型家電リサイクル法とは

小型家電リサイクル法(使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)が、平成25年4月1日に施行されました。
この法律は、これまで回収できずに廃棄されていた小型家電製品に含まれる有用金属(金やレアメタルなど)を回収し、再資源化を促進することを目的としています。

環境美化センターで小型家電のリサイクル

小型家電リサイクル法では、各市町村の特性に合わせ、回収方法や回収品目等を定めることができます。
環境美化センターでは、嘉手納町と読谷村から収集され、運ばれたもやさないごみや、粗大ごみの中から対象品目を手選別し、使用済小型家電としてリサイクルしています。
小型家電リサイクルを行うことで、有用金属の他、製品に含むプラスチック類の資源化にも役立っています。

環境美化センターで選別する小型家電(対象品目)の例

環境美化センターで選別する小型家電(対象品目)の例

【対象品目の例】
デジタルカメラ、ビデオカメラ、ゲーム機、HDDレコーダー、電話機・FAX、携帯音楽プレーヤー(CD/MD/MP3など)、ICレコーダー、電子書籍端末、カーナビ(カー用品)、USBメモリ、ハードディスク、補聴器、電卓・電子辞書、ヘアーアイロン、ヘアードライヤー、電動歯ブラシ、電気カミソリ・電気バリカン、電子血圧計・電子体温計、ラジオ、ヘッドホン・イヤホン、時計、懐中電灯、電子付付属(ACアダプタ・コード類・充電器・リモコン等)

※上記以外にも電池や電気で動く家電製品を対象品目として選別しています。

使用済小型家電の分別方法

使用済小型家電の分別に変更はありません。
住民の皆さんにできるだけ負担をかけずに再資源化を促進するため、分別方法の変更は行わず、環境美化センターで実施しています。

使用済小型家電を出す場合の注意点

  • 小型家電製品から電池ははずしてください。はずした電池は、もやさないごみとして嘉手納町や読谷村のごみの出し方により出してください。
  • 携帯電話やスマートフォンなど、個人情報が記録されているものは事前にデータを消去してください。

また、家電リサイクル法の対象機器(テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)及びパソコンについては、環境美化センターでは処理できません。
嘉手納町や読谷村のごみの出し方により処分して下さい。

※「ゴミの出し方」についてはこちらをご覧ください

↑ページのはじめに戻る