仕 事 の 内 容
Contents of Work
戻 る


 わが国ではこれまで医療資格を持たない一般の人々が除細動を行うことは認められていませんでしたが、法改正後、 @「一般市民」の他、 A「業務の内容や活動領域の性格から一定頻度で心停止者に対し応急の手当てをすることが期待・想定される者」もAED(自動体外式除細動器)を用いて除細動を行うことができるようになりました。
 消防では、救急救命士以外の消防職員がAに該当し、この者は"AED使用に必要な講習を受けていること"が条件として義務付けられています。
 ニライ消防本部では、平成17年4月18日・19日・20日に救急隊員に対するAED講習を実施し、これにより救急救命士以外の救急隊員でもAEDを用いた除細動を行うことができるようになりました。

 AED講習会の写真です。嘉手納署・北谷署・読谷署、各署で実施しました。


当務訓練風景(読谷署)
当務訓練風景
 
当務訓練風景
 

戻 る